Boeing 737-800に乗りたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

思いを巡らす

来訪者

最近、何の縁があるのか、自分が通う航空学校へのビジターが多いって話。

何が自分に足らんのかなぁ。って。

新しいことを始め、そこで学ぶ。そして自分に足りないところに気がつく。良いサイクルだなーって思った話。

8月12日だねぇ。

8月といえば。まっさきにくるのが8月12日。自分の中では。いや、そうでもないか..そうでもあるか....。って話。

遅れてしまい申し訳ありません。

ツイッターで、「飛行機の出発が遅れてしまいまして、申し訳ございません。今後の予定に支障はございませんか?」と客室乗務員に聞かれたどこだかの市長の話があった。何で彼らは謝るのだろうか。と考えてみた話。

うだうだ考えずにまーっすぐ

自分はね、昔とても良く考える性格だったと思います。色々と。んで、考えて出した結果が、むしろ足を動かすスピードを遅くしてしまう。なんてこともあったなぁ。って話を。

わしゃパイロットっす。

あなたに航空会社・パイロットの採用担当を任されました。どんな人材が適当でしょうか?って話。

天気の見方が変わった。

いつもぼんやり眺めてた空が自分の中で変わった話。

後押し

後押しがたくさんあるなーと思った話。

空港と機内って違うわ

空港にいるときと、機内にいるとき、やっぱ違うなーって思った話。

意志の確認

人が思っていることと、自分が思ってることの確認作業ってのは大切だなーと思った話。

現在からみた過去

お茶屋も、レセプションも、考えてみればやってる当時はものすごくどーでもよかったり、やめたいと常日頃叫んでみたりしたものの、過去を振り返ればやはりそこにあった達成感的なものを感じることができるのではないか、って話。

苦しい経験と成長

むかーし、お茶屋に勤めていた時の話。まぁそれはそれは苦労の連続で...。

些細な記憶

自分が飛行機という乗り物に興味を持ったのはわりかし最近だ。 「なぜ」というきっかけの部分についてはたくさん思いを巡らせた。その他に、小さい時の記憶が残っている。他人よりも幼少時の記憶が弱かったんじゃないかと思うんだけれども、それでも残ってる…

勉強ってなに。

最近、自分に「問題」を課していた。 「問題。 ”勉強”とは何か、答えなさい(100点)」