読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boeing 737-800に乗りたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

現在からみた過去

お茶屋も、レセプションも、考えてみればやってる当時はものすごくどーでもよかったり、やめたいと常日頃叫んでみたりしたものの、過去を振り返ればやはりそこにあった達成感的なものを感じることができるのではないか、って話。

erythema nodosum

結節性紅斑...という病気のことでちらほら。こいつに苦しめられていた(ような)わたし。

さしょー(2)となんやかんや

査証のくだりの続きです。

もさく

もしも〜♪ 高齢で〜♪ 海外に移住なんてできたら〜♪ と思ってオーナーに話をきいてみたくだり。

さしょー

査証(さしょう)又はビザ(英: visa)とは、国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である

苦しい経験と成長

むかーし、お茶屋に勤めていた時の話。まぁそれはそれは苦労の連続で...。

勘違い

人は、わりと初対面での印象が良かったら仲が良くなれるような錯覚に陥ってしまうけど、それは違う話。

バレる。

人間ってね、思いのほか、自分の身体からのシグナルを発しているものだと思った話。

自分は言わない。

よくあるじゃない、人に「言いたがる」ような人たち。人のだめなところばかりが目に付き、それを注意してやろう、アドバイスしてやろう、とそういう人たちが。 でも、自分はそういうのよっぽどのことがない限り口にしない。 だって面倒臭いじゃない。

「素直でがんこ」

昔、某航空会社の自社養成パイロットの面接で、「ひとことで自分の性格をあらわしてください」だったか「他人にどんな風に言われるか教えて下さい」だか、その手の質問があった。何回かこのブログにも登場している友人「ゆってぃ」が、「らっこくんは、”素直…

日本とニュージーランド

最近、街を歩いていて思うニュージーランドと日本の違いを書こうと思う。

だからそういう所。

私が家に来て間もない頃の話。 前の住人が置いていったという大きいパンがあった。当初はなんの問題もなく食べられる状態であろうパン。そのパンが...。

基本的なことが人間の基本。

フラットの、オーナーさんの話。 「人間基本的なことができなきゃ、それは人間としての基本ができてないってこと」のようなことを言っていたのでちょっと思考してみる。

幸せとは。<塾の生徒のひとこと>

わたしの知り合いの方が塾の講師をされている。実際に話したり、行動を共にした期間はあまり長くはない。が、とても海外を知り尽くしているように思えるし、国際結婚もされている。 自分もやはり海外志向なのもあって、そして同じく動物が好きというのもあっ…

幸せとは。

幸せってなんだろうなぁ、青い空の中を白い雲が流れていって、ああ今日も生きてるなぁ。なんて感じて、それが幸せだったり。でも幸せってなんだろうか。 どうやったら感じることができるのだろうか。なんてことをぼちぼち。

企業側の問題じゃなーい。

今、若者の新規就業後3年以内の離職率が高い、らしい。 実にその数字30%超。で、その防止策としての企業の取り組みを紹介〜なんて言ってたけど、それは企業の問題じゃないと思った話。

好きこそなんとやら

自分がやっていてよかったと思うことの一つに英語がある。 こればっかりは本当に偶然だったと思っている。 結局物事、好きこそ〜〜〜って話なのかな、っていうことを。

常識が覆る瞬間

ニュージーランドにきて、やっぱり普段使わないことをたくさん学ぶ。 そのなかの1つからご紹介。

フラットのオーナー

自分より3倍も歳の違うオーナーからもらった一言の話。

就活での記憶

何年か前に、ひたすら企業の面接にいって、時にはテストを受けて、落ちて〜ということを繰り返していた。自分は就活をしていた。その時に印象的な質問があったことと、今が繋がった話。

あー大変。

ニュージーランドでようやく仕事が決まった。 決まったが、あるあるなパターンで、仕事に入るまでにかなりの時間があって 平日の時間を持て余している。というわけで先日みてた動画 強風により2回目のゴーアラウンド後のアナウンス - YouTube 4/17 強風によ…

ひっくりかえる愛の〜

歌手の大塚愛が前に「ピーチ」という歌を歌っていたな。 あのわしゃわしゃ騒ぐ感じが好きだったものだけど。 今回は、そんな日本の元祖LCC、PEACHについて。

日本って良い国じゃないよ。

良い国つくろう。なんて良く言ったものだ。 文化は素晴らしいと賞賛される日本だけど、その中にある闇について書いていこうと思います。

意味のあること

こいつ、我がつぇな。と思われているかもしれない。 「意味のあること」を追求する話。

些細な記憶

自分が飛行機という乗り物に興味を持ったのはわりかし最近だ。 「なぜ」というきっかけの部分についてはたくさん思いを巡らせた。その他に、小さい時の記憶が残っている。他人よりも幼少時の記憶が弱かったんじゃないかと思うんだけれども、それでも残ってる…

勉強ってなに。

最近、自分に「問題」を課していた。 「問題。 ”勉強”とは何か、答えなさい(100点)」

藤さんと「やりたいこと」

結構メディアに出てくるパイロットがいる。「藤 明里」さん。 日本のJ-AIRという航空会社の女性パイロット・機長で、メディアには「日本で初!女性機長〜」という書かれ方をされている気がする。

経験できること

最近響く言葉があった。 「若いときの苦労は買ってでもしろ!」と。 実際買うかどうかは微妙としても、若い時の経験はしなければしなかったで、多分いい年した大人になったときに困るぞ、だから沢山の経験をしろ、ということなんだろう。

日本という國

日本にいた時からも、日本という國(なぜか旧字体)を客観的に見てずーっと思っていたことがある。 「日本は何も考えていない」ということ。 別に日本のパスポート持ってる連中が総じて「考えなしに動いてる」とか言わないが、世に見る大抵の人がそうなんじ…

ニュージーランドへの好意

ニュージーランドがとても好きだと思っていた話。

へき 〖癖〗 ヘキ・くせ 1. 《名・造》かたまった習性。かたよった好み。くせ。 「妙な癖」 2. やまい。 ということです。

兄弟

人間味のある話も少しずつ書いていこうと思う。 ワンピースネタを多分に含んでいるので、分からない方はスルーで...。

不安

私はどえらいネガティブです。

スタンダード

少しメモがてら。

関西サン空港

超どうでもいい話。 ただの思い出の話。

嫌いな人

嫌いというかどうしても好きになれない人がいる。

B3の何がいいの

タイトルにある「Boeing 737-800」ってなんだ。 簡単にいうと、飛行機の種類のひとつ。 こんな形。 日本にもたくさん導入されている。 日本航空は2006年に第一号機のJA301Jが導入された。ANAは知らん。 確か日本航空に関しては30数機入ってるとかとか。 座席…