読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boeing 737-800に乗りたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

嫌いな人

嫌いというかどうしても好きになれない人がいる。

 

 

詳細に書こう。

・年齢は同じ

・性別も同じ

・出身は京都

・目標も同じ...?

・出会いの場所は大学の構内

 

彼とは、もう思い出せない、どこで出会ったのかも...。そもそも「出会い」の瞬間なんて、よっぽどインパクトある人以外は思い出せない。もういつでも名前が出てくる、すげー変わってパワフルで、人が持ってないものをたくさん持ってるユニークな女の子が大学にいたけど、彼女顔とか情報はインパクト強すぎていつでも出てくるんだけど...。

 

まあいい。

 

彼は、(彼が)留学しているときに出会って、自分はSkypeとかで話してる状況で、飛行機が大好きで、夢が一緒だっていうだけでちょっと舞い上がって、いざ日本帰国後に話してみると、なんだか印象とだいぶ違う人で...。

 

一言で言うと、全然協調性がない。それにとても頑固だし、素直じゃない。の割に、自信過剰で、独りでも何でもやれます。みたいな風を吹かす。その割に、ちょこちょこと小出しにメッセージが届く。そして自慢が大好きである。全面的に彼に抱いている印象はおそらく「不信感」なんだと思う。

 

頑固で「自分の信念貫けば、物事やり抜けます」みたいな言動をたびたび発信する。のに、人にアドバイス求めてくるって、結局自分の信念なんかハナから無いんじゃないか?と思う。アドバイスをしたらしたで、メッセージの頭は「いや」「でも」「だけど俺は」.... ああそうですか。じゃあ勝手にやったらいいじゃないですか。人に何か求めてくるんだったら自分だって相応の行動で返したらいいじゃない。

 

と私は思ったのでした。

 

同じパイロットを目指している...とは言え、「同志」なのかといえば、違うんだろうなと思う。自分は彼に何の信頼もないし、アドバイスも絶対求めないし、あんなに口先だけで行動したりはしない。

 

パイロットになりたくて、本当に先人の言ったことを口先だけじゃなくて行動にできるんだったら、もれなく先輩を馬鹿にしたりはしないだろうしな。

(大学の先輩が二人。それぞれエアラインの自社養成内定、総合職内定していたすごい先輩方と私、そして嫌いな彼と4人で歩いていたときに、総合職はスゴくなくて、自社養成だけが凄い旨の発言をしていた...ことがあってだな。)

 

そういう行動と発言のズレがもう人間性なんだろうな、と思い

彼への信頼は失せました。

 

パイロットにも「価値」があるようで

航空大学校出身のパイロットはスゴくて

自社養成出身のパイロットはスゴくない。なぜなら、自社養成は意志とは関係なく「なんちゃって」合格を果たした人たちの集まりだから。結局やる気なんてないんでしょ?と豪語していました。

 

行動が、発言が、彼自身の信頼感を減らしていく、っていうことに彼はおそらく気づいていないんだと思う。むしろ周りの人たちがいなくなったとしても「自分は正しいのになんで周りが」とさえ言い出しそう。あーこわい。

 

これに一つでも当てはまるかも、というそこの貴方を嫌いにはおそらくならなくて、こういう、ホラ吹きみたいな人間が自分はとてつもなく嫌いみたいです。

別に聖人になれ、とは言わないけど、「人を尊重する」とか「謙遜」とか、もれなく学んだほうが良いんじゃないかと思う。願わくば、彼が学んでくれることを祈る。

 

人を大切に出来ない人間は私は嫌いです。