読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boeing 737-800に乗りたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

関西サン空港

雑記 思い出

超どうでもいい話。

ただの思い出の話。

 

 

自分がいた初年、とか、二年目くらいまで、関西にLCCはなかった。

気づいたらできてた。青い航空会社ばかり使っていたので、赤い航空会社の事情はちと覚えておらんのだけども... ちなみに便数は札幌直行のみ記載。

 

1年目...

関西... LCCはなし。青い会社はB6、B3を1日6便くらい。

神戸・伊丹... たぶん2便くらい...?

 

2年目...

関西... 途中から桃のLCC登場。青い会社はB6、B3を4、5便

神戸・伊丹...  2便くらい...?

 

3年目...

関西... B3ばっかり 4便くらい... 桃と銀のLCCがいたような

神戸... 北海道の翼が参入、B3、青い会社もB6だったりB3だったり

伊丹... 2便くらいだったかなぁ?

 

4年目...

関西... B3を3便くらい。LCCの牙城と化す

神戸... 相変わらず。B6は消えたな。

伊丹... 途中で大増便キャンペーン。1日7便。

 

お金の都合で、安い時(9800円なんてときもあってだな)と冬場は大手、夏はLCC、なんて使い分けてたなぁ。(今ほど手厚くなかったLCCは冬場の大量欠航時のサポート体制が、それでも人間か!とちゃぶ台をひっくり返したくなるほどだったので、大手を使っていた...)

 

当時から、十分に航空が好きだったので、今回の帰省はどっから帰ろう。といつも考えていた。大学後半まで、伊丹と神戸発運賃が何故か高く、しゃーなしで関西を使っていた。美味しい店とか、飛行機が楽しめる、で考えると神戸か伊丹なんだけどなぁ。

 

当時、伊丹発は19000円、関西発は11000円とかいうギャップで、財布に打撃を与えたくない自分は関西発を積極的に選んでおりました。きっと当時から札幌線のビジネスユースはかなりあったんだろうな。

 

LCCと大手(しかも系列)を競合させる意味もなくなったためか、大学半ばにして、関西は大手一本から大手:LCC半々に分かれてきた。そのくらいから、伊丹札幌線の割合が増えて、赤い会社を上回るくらいになり、何故か値段も安くなり、もうこの辺でLCCを選ぶか、それとも大手を選ぶかという選択肢になり、大手はどこ発でも値段は変わらず、あとは機材か空港か...。そして空港までの移動手段がダルくない方法...。

 

まだB767-300が飛んでいた頃は、大きい飛行機が好きだったのもあり、積極的に選んでみたり、なくなってからは値段も大差ない為、関西発のB737に乗ったり。面白半分で伊丹が安かった時はB777に乗ってみたり。

 

 

f:id:flywithado:20160606224803p:plain

大部分がB737だったけども。

 

学生ながらにちょいちょい遊んでおりました。

同期で沖縄の島人とか居たけど...同じように毎回、帰省の時は飛行機でしたなあ。

 

地元と家族に会えるという喜びのもと、飛行機はたくさん使っていたのでした。今思うと少し贅沢だったなぁなんて。もう少し家計に打撃を与えない方法もあったかもしれない。

 

おわり。