読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boeing 737-800に乗りたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

えりてまさん

結節性紅斑の経過...と今後どうしようかという話。さっくり。

 

 

erythema nodosum (結節性紅斑)....の件で、先週火曜日に血液検査、金曜にその結果を病院で知らされる、という一週間でした。

 

主に足に広がった紅斑(足の皮下脂肪が炎症を起こしてアザみたいになってる)で、もともとあったスネ部分....は青あざ感が増してきて、でも痛みや腫れ、熱感は少なくなってきたように思う。多分、それとは時期を新しくして出来た紅斑が、現在くるぶし辺りにあって、それが痛む。そしてだいぶ熱を持っている。冷やした。

 

さて、血液検査。

もしかして、この紅斑の原因が、臓器にあるかもしれないということだったのか、いくつかの臓器を検査するものを受けてきた。クレアチニングルコースCRPヘモグロビンa1c......と言ったもの。

 

こいつらは糖尿病の検査にも使われるらしいけど。まさか医者は糖尿病を疑ってるのか。と思ってしまった。血液検査の際に、「今日飯食ってきたけどいける?」ってきいいたら「ダイジョウブ」と言われたので糖尿病ではないっぽい。糖尿病の検査なら空腹で受けなければいけないそう。

 

で、結果。

おー らいっ

 

だそうで。すこぶる良く働いてくれてます、臓器達は。

至って健康です、と。ああそうですか。ありがとうございます。パイロットになりたい人間にとっちゃかなり良い知らせだソリャ。

 

で、根堀葉掘り聞いたら時間です、とのことで医者の診察室を追い出される。適当か。

得られたことのいくつかは、

 

1、基本普通に生活してOK

2、結節性紅斑そのものを薬治療とかはできないから自然治癒に任せるしかない

3、かかるのは膨大な時間(だいたい数週間〜1ヵ月)

 

だそうです。

で、なんで細菌感染だと思ったの?って聞いたら、身体中のあちこちにできてたニキビ的なものが消えたときに症状が収まったから。的なことを言ってた。確かに、初期の症状のときは、尋常じゃないくらい、毛穴の化膿がたくさんできていた。胸、肩、背中、顔、足、肘...。普段そんなに化膿なんかするタイプじゃないけど、胸に5個、6個、と出来たときは流石に...と思った。

 

そういうところから入った細菌に対する身体の反応として熱が出たり、紅斑が出たりしたのだそう。ただ、同じ条件で身体に細菌が入ってもこういう風になる人もいれば、まったく症状のでない人もいるなど、個人差があるようで。

 

その点で「普通じゃない」と言われていたようでした。

普通っていうのは、細菌が入っても紅斑ができないとか、熱がでないとか。

 

 

傷口を綿棒でこすってなんか菌が出るかも、みたいなこと言ってたけどそれも特別な菌は出てこず...。

 

休んで普通に生活してりゃ治るからそういうことで。的な感じで診察室を追い出された。

 

 

良くなるんであれば、そいつはいいことでござんす。

栄養あるもの食べてバランス良い食生活して茶飲んだら多分良くなるだろう。熱も出なくなったし。めでたしめでたし。

 

あとは紅斑がただのアザに変わるのを待つだけです。

 

 

おわり。