読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boeing 737-800に乗りたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

やってないように見えるのがクール

性格 訓練 雑記

短文で、どういう勉強スタイルがええのか。って話。

 賛否両論ある話だと思うんだけれども、まぁ聞いて。

 

勉強スタイルにはいくつかあると思うんだ。特に、「どんな態度で勉強に臨むか」という意味合いで。

 

同期にも、起きてる間はずっと勉強(とか準備とか)してまっせ。というタイプがいる。ずーっと真剣な顔して、ずーっと真剣に教科書を読んでる。まぁ、何も考えず傍から見たら「おお、あいつめっちゃ勉強しとるやん」と思われるかもしれない。

 

昨日も書いたことをただ繰り返すだけなんだけれども、果たしてそれって「効率ええのん?おにぃーさん。」って思う。

 

自分なんかはできるときにひたすらやって、突然CHT(Cylinder Head Temperature... というギャグをぶちかましたらネイティブに爆笑されて良い気になってるんだけど。)がグーンと上がって、やべえやべえ、エンジン(頭)止めなきゃ!という風になる。自分はできるときにしかやらないから、ぶっちゃけ学校とか授業の自習時間とかではぼけーっと教科書を遠く(50cmくらい離して)から眺めていることもあった。教官も不安そうにこちらを見る。そして「any question?」と言われる。「not yet」とだけ返すワシ。

 

いや、良いんだ。自習時間の間で頭の回転数がグーンと下がって「あれ?エンジン(頭)不調だぜ?」ということが何度かあった為だ。だから休息も必要だと思うし、できるときにやりゃいいと思う。ときには「こいつやってない」と思われても、それはそれで良い。

 

ネイティブやら他国アジアンたちは授業中ようつべ見てニヤニヤしてることもあるし、まぁ傍からみたら「大丈夫なん、こいつら」と思われるような連中でも、授業中の模擬テストでは最後の最後に100/100点を叩き出すし、ワシより先の時間帯―午前中だな。―にテストが終わって「どうだった」って聞いたら既に結果を手元に持っていて、「91だったmen...」と言われるし....。

 

自分も先人から受け継いだ言葉だけど、ON/OFFはハッキリしましょうね、それが後々役に立ちますから、という言葉に従ってそういう風にやってるわけだし、土曜日は絶対OFFにするし、何もそこまで、「起きてる間はガツガツやってます」風じゃなくても、気が楽だし、効率は生み出せるんじゃないかなぁ。と思う。

 

 

これから先すべてが経験したことないことが起こるわけだし、もしかしたら睡眠時間を削らなくてはいけない事態になるかもしれないけど、まぁどうなんでしょ。ガツガツやってたほうが良いこともあるのだろうか。

 

Any Idea Welcome.

 

おわり。