読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boeing 737-800に乗りたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

11月27日 週の反省

訓練 海外 生活 週の反省

もれなく色々あった今週。振り返ってみたい...という話です。

 

このニュージーランドで訓練する人間にとって欠かせないものがあります。

下記の通りです。

 

1、やる気

2、車

3、カレンダー

 

 

紙のカレンダーは買うと高いので携帯かパソコンで済ませる私です。日めくりは当然しませんが、学科の予定なんかはざーっと一週間に何度か確認するように見ております。

もう11月も終わりか、と気づき、季節・時間の移り変わりはとてつもなく早いことに気付かされます。そして、この記事を書く今、もう既に12月。明日は実は誕生日を迎えることに気づきました。(笑)

 

小学校の頃、12月1日から4日まで毎日誰かの誕生日で、今日はお前やな、明日は俺やな、みたいな会話があったことを思い出します。それも、FBで小学校の同級生の誕生日があることを知って「もうそんな季節か!( ゚д゚)ハッ! 明日は自分じゃねえか!」と思ったものです。

誕生日だからって別に何か特別なことが起こるわけではないので、何もしませんが。

 

 

さて。

今週1週間はこんな感じでした。

・月曜・火曜 テスト

・水曜から金曜までは新しい科目の開始

・フライトは月曜のみ

 

という感じ。

月曜、飛んだものの、どえらい酷いフライトで、自分を殴りたくなるような...。そこで挫折という記事を書いたのですが。どうにか反省して次には改善できるようにしなければいけないのですが、果たしてイメージと頭がついてくるのやら。不安です。

 

スケジュールの関係か、教官の関係か、水曜から金曜は新しい科目のRadioが始まり、もうないと思ってた、全員で再びクラスを受けるということに。同期は12...人?くらいいますが、彼らの顔を見ながらまた勉強できるなんて。

賢い彼らにたくさんのことを聞けるのは良いことです。

 

 

最近になりフライトと学科を両立していると、フライトへの集中度合いは自ずと高くなります。がゆえに、その引き換えに頭のエネルギーをかなり持っていかれます。午後からの授業に100%集中できないところが悔しいところであります。

 

先輩によるとそういったものも慣れるということですが、果たしてどうなんでしょうか。3時間4時間しか飛んでない自分はまだわからないですが、学科をうまくこなせるようになってきたように、フライトと学科もうまくできると良いのですが...。

 

どこかで力を抜く事を考えず、できる範囲でできることをできるだけやる、というのが残りの12月の目標です。最近自分に甘えが入るようになってきました。甘えないように...。少しずつ、全部を押し上げてうまくいくように鍛えていきたいと思います。

 

あとは、航空大学校の先輩には「目の前にあることをひたすら頑張れば結果はついてきます」と言われました。が、自分はそれだけじゃなくできることなら一歩先も見つめて何かできることを考えていけたらと思います。今現状をこなすだけで満足してしまっている自分がいる気がします。打開せねばと思う限りです。

 

 

おわり。