空をとびたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

日本の学科試験等々

短文、備忘録として、日本の学科試験の不明瞭な点を書いておきます。

 

http://www.mlit.go.jp/common/000011272.pdf

こちらの

外国政府の発行したライセンスの切替手続について

というpdfの中に、FAA(アメリカ)や、Singapore, Canada, New Zealand等(それぞれ厳密には別の機関ですが) CAA等が発行した外国のライセンスを切替する際に法規以外の科目は免除される。

 

とあります。

 

で、確かにそれで申し込み自体はできるし、免除という文字がつくのだけれども、いざ3月始めに送付された受験票の受験心得という文字の2.を見ると

 

"2. 最初の学科試験を全科目について受験をしなければ、一部科目免除の申請はできません"

 

と書かれております。

こういうところ日本語わかりにくいんだけど 、果たしてわたしのケースは 一部科目免除の申請 に該当するのか?という。そもそも「申請」って、もう既にしてしまったことだしなぁ。これから別に申請するわけじゃ、無いしなぁ。

 

でも二度と受けることないであろうこの試験、でも非常に大切な試験で「はいだめー要件満たしてないよー残念でしたー」なんて言われたくないので、東京航空局保安部運用課検査乗員係に電話して確認すると

 

海外ライセンスの切替のための受験で、かつ、科目のところに免除のマークがある場合は、免除マークのある科目の受験は必要がない。という回答だったので、今後のために...。この2.の文言は適用されないようでした。

 

以上です。

 

 

PS

海外から切替をする人のなかでも、FAAから来る人、カナダからくる人、NZから来る人、オーストラリアから来る人、など様々にいるわけで、すべてがすべての人に適用されるわけではないのでこういうのは注意しなければいけない。

 

不安に思うことは国交省に直接確認をしたほうが良さげです。

一部ブログで、この切替で免除の文字があった場合でも2.にこのように書いてるから受験をしなければいけない!という報告の一方、確認をしたら受験をしなくても良い、という二つがあったのでconfirmのためにこのような記事を書いておりますが、責任はご自身で...。

不安a外国政府aaの発行したライセンスの切替手続について