空をとびたいP訓練生のブログ

現在ニュージーランドでパイロットの訓練をする若者のブログ

空港って何?

「空港」ってなんなんでしょう?という法律定義をちらほら。

 

岩国とか。那覇とか。新千歳とか。羽田とか。

空港って言えばいくつもあるけど、じゃあどれが法律的な意味においての、「空港」なんでしょ?という所を少し。

 

空港とはなにか?

航空法に書いてあります。

 

航空法第2条 「定義」

4項 この法律において「空港」とは、空港法(昭和三十一年法律第八十号)第二条に規定する空港をいう。

 

空港とは何か。

答えは、「空港とは空港法に基づく空港である」

 

じゃあ空港法には何が書いてある?

→以下

 

空港法第2条 「定義」

この法律において「空港」とは、公共の用に供する飛行場(附則第二条第一項の政令で定める飛行場を除く。)をいう。

 

なるほど。

公共の用に供する(つまり、皆が自由に使えるような図書館とかと同じような感じ)飛行場のこと。

 

日本には100近い空港があるけれども、すべてが「空港なのか?」というと、それは違う。なぜかというと、「政令で定める飛行場を除く」となっているから。

ちなみに附則第二条は下記。

 

空港法附則 第2条

 国土交通大臣は、当分の間、基本方針において、第三条第二項各号に掲げるもののほか、共用空港(自衛隊の設置する飛行場及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定第二条第四項(a)の規定に基づき日本国政府又は日本国民が使用する飛行場であつて公共の用に供するものとして政令で定めるものをいう。以下同じ。)を利用する一般公衆の便益の増進に関する事項を定めるものとする。

2 前項の政令においては、共用空港の名称及び位置を明らかにするものとする。

 

  ざっくりと内容を述べると、「公共の用に供していない飛行場(※)があります。」と書いてある。

ただし、政令において、一般公衆の便益の増進に関する事項を定め、かつ、共用空港の名称と位置を定めること、となっている。 

 

※空港ではないので飛行場という名称になる。

 

 政令で定めるところ..は少し見にくいので実際の共用空港を見てみると

札幌飛行場 千歳飛行場 三沢飛行場 百里飛行場(茨城空港)

小松飛行場美保飛行場米子空港) 岩国飛行場 徳島飛行場 です。

 

 千歳飛行場に関して民間機は恐らく就航はしていないものと思われます。(私の解釈が正しければ、千歳飛行場はRJCJという飛行場で、新千歳空港がRJCCという空港ですし、管理は別になっているはずです。管制は一元的に自衛隊が担当しています。)  

 

えー。それならすべてが空港なんじゃない?と思うかもしれませんが、横田・普天間を始め、厚木、目達原なども一応飛行場として存在していますが、共用空港ではありません。調べるともっとあります。ちなみに。  

 

 

以上が「空港って何」でした。

 

おわり。